Top

金額が安い

目的

3分の1

環境を知る

Sitemap

Top

現在英語の語学留学として、料金の安いフィリピン留学が人気です。
 日本から直行便で4時間半位で到着でき、時差も小さいです。
フィリピンは英語が公用語として位置づけれてており、アメリカ、イギリスに次いで3番目に英語を使用する国となっています。 またフィリピン留学では日本人国籍の場合、ビザの事前取得の必要がありません。 入国時点で21日間まで滞在できるビザが与えられます。3週間以上勉強される方は、ビザの延長手続きを 学校側が行ってくれます。
フィリピン留学の宿泊は基本は全寮制で食事も3食ついてきます。 また掃除や洗濯のサービスもついてくる場合もあります。 授業は学校によって違いますが、マンツーマン授業が基本です。 これに少人数制のグループ授業を合わせると、1日6時間~8時間の授業が受けられます。
フィリピン留学の中でもセブ島が人気が高いです。 セブ島の気温は平均27度前後で、一年を通してTシャツで過ごせるので快適です。 料金は入学金、授業料、4人部屋の宿泊費を含めて、1週間で31000円からあるので、安くすみます。 離島ならではの物価の安さといえるでしょう。
また、フィリピンへの留学は送り出す家族にとってもいいことが多いです。
日本との時差の少なさは家族にとって大変うれしいものです。
留学中はなにかと心配が尽きないものです。
いくら治安のよい場所を選んだとしても海外です。簡単に駆けつけることができる場所ではありません。
その中で時差が大きいと連絡をとることや直接声を聴くことが簡単ではなくなります。
ですがフィリピンですと時差がすくなく、家族とのコミュニケーションが取りやすい。
これは家族だけではなく、初めて海外で過ごす本人にとっても安心できるでしょう。
これはとても安心なことです。